製品へのこだわり

掛けて綺麗に、掛けて格好良くなるものを最低条件とした、デザイン・ファッションにこだわった製品を送り出したいです。

01
海外向けデザインとは違うフィット感があること

多くの伊達メガネ、サングラスは海外向け外国人の顔を想定してデザインされています。
弊社のメガネは、デザインから始まり、型を起こし、日本人に向けたサングラスを販売しています。
それにはデザインはもちろんフィット感も日本人に合わせることを目的としています。
ノーズパッドを高くすることで顔のちょうど良い場所で掛かるようにし、またサングラスがずれ落ちないようになっています。

02
メガネの産地、福井県の鯖江の企画製品であること

福井県鯖江市では働いている人の6人に1人がメガネ産業に従事しているというほど眼鏡は身近な存在です。
また小さいころからメガネに触れてきたからこそメガネへの理解、経験が深いです。
ファッショングラスと眼鏡の違いはありますが、メガネへの入り口となれることを当店は目指しております。

03
デザイナー(メーカー)は、この道でメガネのデザインの企画研究をしてきている会社または人

眼鏡のデザインは眼鏡デザイナーしか出来ないと思います。
アパレルデザイナーは服はデザインできても、眼鏡のデザインはきっと難しいでしょう。
というのは、眼鏡デザインは緻密、繊細でmm単位で大きく印象を変えます。
たとえ流行りのよく似たデザインであっても、ちょっとしたラインの違いで良い悪いが出ます。
海外デザインが多いサングラスですが欧米人の鼻の高さを条件としたデザインが日本人にはなかなか似合いません。
サングラスをブランドで選んでいないですか?いくら有名ブランドであっても似合わなかったりする場合があります。大事な顔に掛けるものですから、掛けて印象が良くなるようなデザインを心掛けています。

04
毎年トレンドを予測した新デザインを投入

メガネにもアパレルと同じようにトレンドがあります。
この10年の流れで言えば、少し専門的な用語になりますが、
【メタルツーポイント】→【メタルドロップシェイプ】→【プラのビッグシェイプ】→【プラのクラシックシェイプ】→【プラとメタルのコンビネーションフレーム】→【メタルフレーム】というようにトレンドは変化して来ています。
現在トレンドのもの、これから流行りそうなものをいつもどこよりも早く提案しています。

トレンドリサーチの徹底
流行の発信源・最先端である東京に何度も出向き動向を掴みます。
実際にトレンドを発信する売り場に出向き、ファッションを空気・肌で感じデザインにフィードバックしています。
05
メガネしか扱わない理由

古くから餅は餅やと言うように、専門外の事に手は出しません。
メガネのことを毎日、四六時中考えているからこそお客様が喜べる商品やデザインが作れると信じています。

06
伊達メガネ、サングラスの物理的効果

伊達メガネは雰囲気や印象を変えたいときにとても便利です。
メガネを掛けることにより理知的に見える効果はもちろんありますが、メガネの大きさによっては小顔効果を産んだり、その逆で目が大きく見せる事も出来ます。
サングラスの物理的効果としてまぶしさを軽減してくれるのはもちろんですが、目から入る紫外線をカットすることによって美白維持効果もあります。
実はクリアレンズだって紫外線をカットしています。
当社使用レンズはカラーレンズ、クリアレンズともに99%紫外線カットを標準搭載しています。

07
メガネ選びのポイント

自分の顔の大きさを把握することが大事だと思います。
似たようなメガネにおいても大きさがいくつも存在するのはそのためです。
またメガネは掛けなれることが大事です。プチプライスで印象を大きく変えることが出来るメガネをぜひいろいろと活用してみてください。

商品を探す

  • LADIES GLASSES
  • MALE GLASSES
  • GRASSES FOR SHOW
  • SUN GLASSES
  • REASONABLE GLASSES 1780
  • REASONABLE GLASSES 1980
  • REASONABLE GLASSES 2280

シーンで探す